FC2ブログ

2017.02.26 (Sun)

人生フルーツ

公開前から観に行きたかった
『人生フルーツ』
やっと観に行けました。

仕事でお世話になっているセンセイに
酔っぱらった勢いでお話ししたがために
観に行かれたセンセイからチラシをいただいたこともあり

観に行かない・観に行けなかった・・っていう
選択肢はなかったので
ちょっぴり安堵。

きっと、泣く。
家でシート予約するときから
泣くのは目に見えていたので

お隣が誰もいないであろうシートを予約したにもかかわらず
はじまってみたらシニア世代で超満員で
泣くに泣けないかも・・
って思っていたけれど

開始数秒で落涙。

涙腺弱すぎ。
というよりも、
情緒不安定なのか
日曜は朝一でLINEで送られてきた動画見て泣き
泣きのサンデイ。

何に感動したというよりも
つばたさんご夫婦の生き方に憧れる。
生き方というか
暮らしぶり。

ラストのほうで
出てくる
伊万里の精神科クリニックのスタッフさんが仰っていた

「経済中心の社会」に疲れはて、病になってしまった人に
人間らしい暮らしをしてほしい。

たぶん、わたしはまだ
疲れ果てる寸前なのだけど
日常が人間らしい毎日だろうか・・って思っているからの
憧れなんだと思う。

どっぷりと経済中心の毎日に浸かっていて
手間<時間
の毎日で

仕事もする、好きなこともする、欲張りな自分でいるために
惜しんでいるのは手間で。

そんな、
わたしがもっていない
手間暇かけた毎日を日常としていることに
憧れる。

じゃあ、それができるのか
今、(未来も)それを望むかと問われれば
たぶん、答えはNOで。

もう少し時間を経ると
また変わるのかもしれないけれど。

あの、
つばたさんの雑木林のあるお宅がはじまったのは
(泣きながら逆算したら)
秀子さんが47歳くらいからのようだから
まだまだ、わたしもこれからなんだな
これからの生き方でまだまだどうにでも変わるんだな
と。

年をとって
人生がだんだん美しくなっていけるように。

素敵な映画でした。
泣きすぎて浄化されました。

_20170226_203928.jpg

20:37  |  観たこと・聴いたこと
 | HOME |